便利な機能付きiPhone6ケース

今年のiPhone6ケースはより低価格化が進んでいくことになります。なぜならiPhone7が発売され不良在庫を抱える店舗が処分を考え始めるからです。次世代機種の発表が近づいてくるころがより一層のねらい目といえます。今のうちから狙うべきケースを絞り込んでおくと、いざ値下げのタイミングと重なったときに乗り遅れずにすみます。便利な機能がついたiPhone6ケースは数多くありますが、手帳タイプ、バッテリーが付属しているもの、頑強さを売りにしたものという3タイプに分別することができます。それぞれの特徴や機能は値段にも反映されていきますので予算は少し多めに見ておくと失敗がないかと思います。おおよそ機能が充実したケースの相場は3000円以上5000円未満の価格帯で多く発売されています。

手帳タイプのiPhone6ケースのメリット、デメリット

手帳タイプの一番のメリットはデザインの自由度が高いということです。完全にiPhoneを覆い隠すタイプのものが主流ですので、外観を一新できるのでデザインに飽きがきたときに簡単に交換できるのも大きなメリットといえます。iPhone6では搭載されていなかった、おサイフケータイ機能も手帳タイプですとカバーすることができます。手帳の見開き部分に電子マネー系のカードを複数枚差し込みできますので、交通系一枚とメインの電子マネーサービスカードを一枚させるものを選ぶと失敗が少ないです。3枚以上させるものもありますが、意外とカードの厚さが馬鹿にならず、あまりにも分厚くなり手帳タイプなのにカバーを閉じることができない状況に陥りがちです。ここが一番の注意点です。せっかくのスマートなデザインでも分厚くなることを想定した余裕を持った作りの手帳タイプのケースを選ぶとこうした失敗を回避できます。

バッテリー機能付、頑強さを売りにしたiPhone6ケース

バッテリー機能付の一番のメリットはなんと言っても、iPhone6の稼働時間が大幅に伸びることです。今までの2倍以上の時間稼動させることができる種類もあります。こうした大きなメリットはあるのですが、ケースを装着することでiPhone6が大幅に分厚くなるデメリットがあります。この部分を許容できるか否かが長く使えるケースとしての分岐点です。手が大きい人に多いのですが、厚さがちょうど良くなり文字が打ちやすくなるといった意外なメリットも存在します。iPhone6が薄すぎて使いにくいという方は一度店頭で試してみる事をお勧めします。最後に頑強さを売りにしたケースは先に紹介したバッテリー付ケースを上回る大きさになることがあります。しかしながら、耐久性の向上は目を見張るほどの機能性がついています。湖の底から発見されたiPhoneがこうした耐水性ケースに入れていたことでいまだに使える事例がアメリカで報告されたほどです。メリットデメリットを良く考慮したうえで今年の値下がりトレンドをうまく捉えてください。